Love the Way You Live
2024.03.23 release

なんかpixivで作れるようになってたシェア画像、楽しい→

あ〜長かったです、ここにきてクロアジものでまさかの最長を更新。書き始めが2/11、完成が3/20と38日かけてようやく春がきました。
そもそも、3/23・24のイベでpdfを頒布しようと思い、2月はその準備をのんびりしようと考えていたのですが、思いついて書き始めたこれがイベ直前に完成したので、イベントに滑り込んで同時に公開させてもらった形になりました。
そして、ピクスクの方にコメントとご感想をくださった方、ありがとうございました!

■着想と振り返り

創作を続けててわかったことですが、季節に沿ったお話が書きたくなる傾向があり、2月は春のお話が書きたくなってじたばたしがちです。
そして今年もやっぱり春が書きたくなって、春と恋の芽生え、初々しくピュアな恋模様をちょっと妄想したところ、クロアジのカフェのオーナーと司書さんが出てきました。(もう一つのアイデア、大学生AUでもよかったんですが、あんまり学生モノは得意じゃないので書きやすい社会人の方で。)

テーマは明確で、とにかく「初々しい恋模様」と「ほのぼの春デート」が書きたい気持ちが強く、それを書けるならクロアジでもrpでもどっちでもいいのが本音でしたが、着想がクロアジ発だったのと、そうと決めてしまえばもうイメージは具体的に出てきていたのでクロアジで書くことにしました。
が、気持ちとしては、クロアジっぽいイメージのrpでも、好きに想像してもらうオリジナルぽいものでもいいな〜くらいのつもりです。
前述の通り、デートを書いた時点で満足しちゃってスケベはおまけくらいのつもりですが、無垢な受けを書こうとすると「中身実質子供じゃん!?」っていうきわどさがあり、そういう部分ではえっちな作品だと思います。

■フェールさん

アジちゃん定番の司書さんですが、今まで書いてなかったので一つ形にできてよかったです。イメージはだいたいアジちゃんのままで楽しんでいただけるんじゃないでしょうか。(ふたりの年齢設定は完全に私の趣味です。)
敬語なので若干丁寧すぎる感はありますが、まずはお客さんとして現れたのでずっと敬語のままです。が、エピローグ中の司書を辞める頃にはもうちょっと砕けてるでしょう。クロさん呼びは変わらなそう。

このお話をぐっっっっと初々しい恋物語にすると決めた時点で、フェールさんは「性にとても疎く、経験がない未熟な人」という設定にしました。彼のセクシュアリティは明示してませんが、彼に聞いたら一応「男です」って言うと思います。でもそれは単に出生時の識別の話で、彼としてはそっち方面に興味が限りなく無いので、実態は清らかな妖精さんでした。(問題ないし)そして、最終的にはHで幸せを感じられて、クロさんとなら素直にしたいと思えるので、完全アセクシャルというわけではないようです。
初めてのHの後、怖くなっちゃったフェールさんが一旦逃げてしまう流れは、割と序盤から決めてた気がします。未熟なのと、原典のふたりの”スピード”の差を踏襲したかったので。
とはいえフェールさん、Hは怖いんだけど、気持ちいいのは好きだから一度してみたら結構前向きなのがとってもかわいいです。
敏感すぎるとか初めてのHでいきなりいきすぎちゃうのはファンタジーですが、かわいくていいと思います。耳が弱いのかわいい!いきなり乳いきかわいい!すごいかわいい!!

クロアジのAU自体そんなに書いてないですが、意外とこれまで、アジちゃんが訳あって性的に経験が薄い設定のピルグリム以外は、性的に未熟な設定って書いてなかった気がします、(…あ、クロがヴァンパイアのは未熟といえば未熟だけど本物の天使だからなぁ。)
個人的には、rpですが、攻めが「性的に薄い、あまり必要じゃない」パターンのアクアブルーと対照的な作品の感覚があります。

■クロさん

カフェのオーナー。フェールさんの飯の男になるためのこれ以上ない設定…!だいたい見た目は蛇眼じゃないクロのままでお楽しみいただけるかと思います。本当はもっとぞんざいな言葉遣いが理想ですが、お店の人だしフェールさんはお客さんなので、口調はマイルドめです。
女好きでHも大好き、ちょっとアブノーマル、結婚願望はなく、深入りしない女遊びをするタイプの設定ですが、まさか、全く趣味じゃない同性のフェールさんにドツボっていくのが書いてて楽しい部分でした。(いつもの)

個人的に気に入ってるのは、フェールさんに愛を伝えるために「俺のお話」を語るところです。
単なる思いつきの設定ですが、本が好きなフェールさんには”お話”仕立てで伝えるしかない。男から俺、客からその人、彼、あなたと人称・呼称がぶれる一生懸命で拙い語り口がかわいいです。
ばーちゃんのマッシュポテトが好きも思いつきですが、かわいいです。(両親に難ありの匂わせ。)

ソックスガーター!これだけクロアジ書いときながら一度も書いてなかったので、ようやく書きました。初めてのHでは彼なりに自制するつもりでしたが、ただでさえ我慢してたし好きが大洪水な上に好物のガーターがお目見えして大興奮のクロさんのギアは上がってしまいました。
からの〜鬱展開、もうちょっと引っ張ってツラさを強調してもよかったんですが、もう既に書きたいものは書いた後だったので早めに丸く収めました。クロさん自業自得だけどかわいそうだし…。長くなってたし…。(そこ)

そしてこの後。何も知らないフェールさんに少しずつソフトSMを仕込んでく悪いクロさんです、ああ楽しそう…。個人的にはおもちゃなんて使わないであげてほしいけどいずれ使っちゃう、あああえっち…。全身枷で拘束されたフェールさんもうほんとえっち…クロさんずるい!羨ましい!!
フェールさんはそんなプレイを許してくれるのか問題ですが、達成に向けて根気よく仕込み(調教)をしてるクロさんを陰ながら応援しています。
そういえば、口調がどんどん砕けてくフェールさんに対して、付き合いが長くなってもクロさんはあんまり変わらなそうです、なんとなく。もしかしたら呼び方だけは変わって、普段から名前さん呼びか呼び捨てになるかも。
夜のプレイがハードになっても優しい言葉でねちねち攻め。なぜなら、オラついた命令口調より優しいほうがフェールさんには効くからです、やだーえっちー!

■ビーちゃん

クロさんのカフェのバイトのビーちゃん、かわいい、大好き!重要なサブキャラです。
今まで書いてないことを意識的に盛り込んだお話ですが、クロさんの恋路をアシストするビーちゃんというサポーターがお話を通して活躍?するのは、かなり新しいパターンだったと思います。
こんだけ書いてて逆にこういうキャラがいなかったのもどうかと思いますが。(これまでだとrpの暇を持て余した〜の執事さんくらいか、でも執事さんここまで出てこない。)

ビーちゃんがいるお陰でクロさんのキャラ説明から恋路のアシストまでお話がスムーズに進むし、何よりかわいいし、書いてて一番楽しかったキャラです。
名前の由来はフィリピン出身の英国人歌手、ビーバドゥービーさんから。(好きです)今までアジア系のキャラをほとんど書いてないので、ビーちゃんもそのままフィリピン出身の出自をお借りしました。
クロさんをけしかけつつ説教もできる強いキャラが欲しかったのですが、20にして性的経験豊富な派手めパンクガールで彼女持ちという設定も気に入ってます。もちろん、女性でクロの背中を押すキャラ設定はGOのS2を意識してますが、好き放題書きたかったのでオリキャラにしました。
ビーちゃんがのびのびしてられるのはクロさんのお陰ですが、こんなバイト先あったらいいよねっていう夢を込めました。
クロさんがフェールさんと新しいお店をやるにあたり、ビーちゃん&モーヴのふたりに店を任せる設定も考えたんですが、ふたり共まだ学生で無理があるのでやめました。ので、移転からのリニューアルオープンにして、ビーちゃん達にもついてきてもらいました。

「ヴァージンのち◯こ天使」は割と序盤から思いついてて、ここが瞬間最大風速だと思ってたら、後で思いついた「登山」が自分の中では一番のヒットです。

■タイトル

途中まで全然思いつかず。当初、”彼女はいつもミルクティー、駅の側の喫茶店で”という歌い出しで始まる「恋心」が候補でしたが、恋心どころじゃないトコまで話進むしなぁ〜…却下!と、ずっと決まらずにいました。
で、書いてる終盤。しーんさんの「The Way」を見た海外ファンさんが「Love The Way」って連呼してるのを見て「ああこれだ!」って閃きました。Love The WayときたらEminem ft. RihannaのLove the Way You Lie、をLiveに文字ってタイトル決定!(ネタ元、ダメなDV男の歌だけど…)

フェールさんをヘンテコ妖精だと思ってたクロさんが、気づけばフェールさんのらしさを、そのスタイルを、全部をLoveしている。ぴったりのタイトルを見つけられて嬉しいです。

■デートのロケーション

クロアジなのでリッツはお約束で、ポートベロー・マーケットは観光地って感じだけど。ノッティング・ヒル、以前なんかの作品でデートで行ってたから被るな〜と思ってたんですが、ポートベロー・マーケットに行かさざるを得なかったので選びました。
ノッティング・ヒルのデート、今確かめたら金曜日の天使でした、あっちのふたりとどっかでニアミス!アジちゃんが性のアイドルであるケルビムさんの金曜日の天使こそ、この作品の対極のものです。ある意味姉妹作かも。
最終的にフェールさんとクロさんをノッティング・ヒルに引っ越させちゃったけど、かわいいエリアなので好きです。
(あれーAUじゃないオーガニックアジちゃんがアンティーク買い物するとこまだ書いてなかったのかー確認)

ヒル・ガーデン・アンド・パーゴラ

適当にGoogle Mapで少し離れたとこにいい公園ないかな〜って見つけました。行ってみたいです。

・ロンドン水族館

エイ展示、ほんとに、すごいいいです。名前が出てくるペンギンさんは実在してます、まだ生きてるかな?
もともと書くつもりなかったんですが、コッツウォルズって言っちゃったけど私が行ったことないから書きづらい→初めてのデートで魚の話してたから水族館行かせちゃおう、となりました。

■小ネタ

中の人が好きな方はクスっとするかもしれない小ネタをちょろっと仕込んでます。1つはわかりやすいけど。
その他、私の好きな某ユニットの小ネタも実は大事なとこで使ってるんですが、これをばらすと作品イメージにノイズが入っちゃいそうなので内緒にしておきます。

フェールさんがベッドで読んでた「What You Need to Be Warm」はNG先生の本です。
ちなみに、ビーちゃんが好きなSFファンタジー作家もNG先生のつもりで、フェールさんとビーちゃんはサンドマンの実写化でキャッキャしてたってことにしてます。(アメリカン・ゴッズでもいいんだけどー、そこらへんはご自由に。)

あと、現実では「OK, Google」は任意の言葉に変えられません、勝手な設定です、すいません。
なんか数年前、好きな言葉に変えられるみたいな噂を見た気がしたんですが…なかった。

■個人的な状況

2月からの新しい仕事で平日に書く時間があまり取れなくなり、もしかしたらもう書けないかも?と思ったのですが、この状況下でもやればできるを証明できた作品となりました、嬉しいです。でもこんな長くなると思ってなかった…平日もっと時間使えたら1ヶ月かからなかった、かな。
長くなっちゃったのは、この状況も多少は影響してる気もしてます。平日は1日に書けて2000字という牛歩なのですが、書いてない時も妄想は動いてるので、その間にお話が具体的になったり広がってしまい、解像度が高くなったそれを書き出していったら思ってた以上に長くなっちゃったケース、かもしれません。

常々短いのを1000本ノックみたいにぽんぽん書いてけたらな〜と思ってるのに、何を書いても長めになっちゃうのが悩ましいところです。今回も、長くて読むの大変だよなと思ってましたが、長いのが嬉しかったというお声をいただいたりすると(ありがとうございます)、活字を浴びたい方に楽しんでもらえるならいっか〜!と思ったりしています。

そして、これは毎回思っていることですが、このふたりを愛でていただけましたら、サイドストーリーやその後をご自由に想像してお楽しみいただければ幸いです。


何かございましたら、マシュマロOFUSEWave Boxにお気軽にどうぞ。


投稿日:

カテゴリー:

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です